周辺ガイド

ニセコのスキー場

ニセコのスキー場 世界屈指の雪質を誇るニセコのパウダースノーを求め、日本だけでなく世界中から多くのスキーヤー・スノーボーダーが訪れています。ニセコアンヌプリ山には、ニセコグランヒラフスキー場・ニセコHANAZONOスキー場、ニセコビレッジスキー場(旧ニセコ東山スキー場)、ニセコアンヌプリ国際スキー場の4つのスキー場があり、広大なスキーエリアは滑りごたえがあります。上級者はニセコルールに従い、コース外のオフピステ滑走でパウダースノーを楽しんでいます。
積雪状況によりますが、11月23日頃〜ゴールデンウィーク(5月5日前後)まで滑ることができます。
とくに雪の良い時期は1月中旬〜2月下旬ですが、3月でもパウダースノーを味わうことができます。
4月〜ゴールデンウィークはあまり雪は降りませんが、青い空の下の春スキーもとっても気持いいです。

夏はサマーゴンドラ運行があり、標高1,000m付近までゴンドラに乗って上がれます。
展望台からニセコの街や羊蹄山を眺めることができます。

Niseko United NISEKO UNITED ニセコ全山
ニセコアンヌプリ国際スキー場

羊蹄山

羊蹄山 ニセコのシンボルである山で、標高1,898m、コニーデ型の独立峰で旧名は後方羊蹄山(しりべしやま)、富士山に似た形をしているので蝦夷富士(えぞふじ)とも呼ばれています。日本百名山の一つになっており、毎年多くの登山者が訪れます。登りは5〜6時間ですのでほとんどの方が早朝に出発、夕方に下山する日帰り登山ですが、7合目には山小屋があるので1泊してご来光を拝むこともできます。
また冬はパウダースノ―を求め、多くのスキーヤーやスノーボーダーがバックカントリースキーを楽しんでいます。

羊蹄山をぐるりと一周ドライブやサイクリングもお勧めです。
道の駅や観光スポットがたくさんあります。

ニセコ連峰

ニセコ連峰 日本海から連なるニセコ連峰。ニセコアンヌプリをはじめ、イワオヌプリ、ニトヌプリ、チセヌプリ、シャクナゲ岳、白樺山、目国内岳、雷電岳、幌別岳、岩内岳などの標高1,000〜1,300mの山々が日本海から25kmにわたって連なっています。各山々には登山道が整備されていて、片道1〜3時間と比較的手軽に登れて、山頂からの眺望も美しい知る人ぞ知る登山エリアでもあります。

アウトドアスポーツ

ニセコの遊びといえば、大自然の中でのアウトドアスポーツ。
冬はもちろんスキー・スノーボード。
夏は、ラフティング・ダッキー・カヌーや、サイクリング・MTBダウンヒル、トレッキング、パラグライダー、乗馬などなど遊びがいっぱい。

ニセコアンヌプリゲストハウスで出来る「神仙沼MTBダウンヒル」がお勧め!
MTBを神仙沼駐車場まで車で運び、そこからパノラマラインを当施設まで下ります。距離は19kmですがほとんど下りです。スピードの出しすぎに注意!
元気のある方は自力で登ってもいいですよ。

リンク

NOC ニセコアウトドアセンター カヌー・ネイチャーツアー・トレッキング・キャンドルづくりなど
北海道ライオンアドベンチャー ラフティング・清流下り(エコラフト)・サイクリングなど
NAC ニセコアドベンチャーセンター ラフティング・サイクリング・MTBツアーなど
NOASC ノーアスク ラフティング・キャニオニング・ハイキング・MTBなど

神仙沼

神仙沼 ニセコ連峰のほぼ中央にある神秘的な沼です。チセヌプリのふもとに広がる湿原の奥にあります。木道が整備されとても歩きやすくなっています。ルリイトトンボが飛んでいたり、水芭蕉やザゼンソウ、ワタスゲ、エゾカンゾウが咲いています。また秋の紅葉スポットしても有名です。
神仙沼駐車場はニセコパノラマラインの途中にあります。

ニセコパノラマライン(道道66号)

ニセコパノラマラインはニセコ〜岩内をつなぐ道道66号線で、ニセコ連峰を駆け抜ける景色のよいワインディングロードで、日本百名道という本でも紹介されています。とくに神仙沼駐車場から岩内への下りは日本海が一望できる絶景ツーリング・ドライブルートとして大変人気があります。

冬季は通行止めになっています。GW前後に開通しますが、積雪の量によっては大きく遅れることもありますので、5月に通行予定の方は北海道地区 道路情報サイトにてご確認下さい。

ニセコの温泉

ニセコにはたくさんの温泉があります。ほとんどの旅館・ホテルで日帰り入浴ができます。泉質は場所によってさまざまで、どこも泉質が非常に良くスキー・スノーボードや登山の後の温泉はニセコの定番です。
あちこち入りたい人にはニセコ湯めぐりパスがお勧めです。1,440円で1枚で3か所の温泉に入ることができます。
ここでは紹介しきれませんので、ニセコリゾート観光協会のHPをご覧ください

カフェ・レストラン

ニセコにはおしゃれなカフェやレストランがたくさんあります。
景色のきれいなお店が多く、ゆったりとした中で食事・休憩ができます。
ここでは紹介しきれませんので、ニセコリゾート観光協会のHPをご覧ください

観光拠点に

連休をニセコで連泊してあちこち観光の拠点にするのもありです。
1泊ごとに宿を移動するのは意外と面倒なものです。
ニセコから日帰り圏内なら、積丹ブルーというほど美味しい積丹半島の一周ドライブ、国道5号線と国道393号線をぐるっと仁木・余市・小樽・赤井川観光ドライブ、サミットで一躍有名になった洞爺湖観光、海沿いの道がきれいな岩内〜寿都、道のえき巡り、などなど観光ルートは無限大。
21時のティータイムに、観光ルートの相談は大歓迎です。